レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > モリー・オシェイ

『危ない橋を渡ってるわね』 You're playing a dangerous game.
―Molly O'Shea


モリー・オシェイはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。ヴァンダリンのリーダーであるダッチの愛人。

神経質な一面があり、長く続く逃亡生活に不満と負担を感じている。

人物の概要[]

アイルランドのダブリンを出身のモリーは、1899年以前にヴァンダリンの一味に加わったダッチの愛人。キャンプでの会話によりダッチから彼女にアプローチした事が伺える。少なくとも現時点では、ダッチの寵愛を受けるダブリンの資産家家庭に生まれた女性。

ゲーム中の活躍[]

※この項目は英語版Molly O'Sheaのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

モリーは当初はヴァンダリンのメンバーとして活動を続けるが、物語が進むほどに逃亡生活によるストレスを表すようになる。

サンドニの銀行強盗の情報をピンカートンに売った犯人。しかしこれはダッチの気を引くために演じた単なる狂言だった。ティリーとメアリーベス以外は誰も同情を示そうとすらせず『自業自得』だとその死を罵られまでした。

ダッチの心が離れ、逃亡生活にも嫌気が差した事が原因らしいが…。

何度となく真実を打ち明けようとするも、その度に横から口を挟まれ言うに言えなくなる

後にこれが元凶となり、裏切り者は許してはおけないとスーザンに射殺される。

物語の終盤では仲間を裏切り、ピンカーソン探偵事務所にヴァンダリンのキャンプの所在地を密告してしまう。その事を知ったアーサー・モーガンを含むヴァンダリンのメンバーと口論を繰り広げるが、最終的にはスーザン・グリムショウの手により銃撃を受け、死亡してしまう。

スーザンには殺害後に「彼女はルールを知っていた」(She knew the rule)と吐き捨てられている。

裏切りもの扱いを受ける彼女だが、ダッチの理想に振り回された被害者のひとりでもある。

ギャラリー[]

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement