レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > マイカ・ベル

I believe there's winners and losers... and nothing else besides.
―Micah Bell

マイカ・ベルはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

悪行を生きがいとしている、熟練の犯罪者で殺し屋。

人物の概要[]

※この項目は英語版Micah Bellのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

野生的なマイカ・ベルは変わり者が多いヴァンダリンのメンバーの中でも特に予測不可能な人物。彼は経験豊富なヒットマンにして犯罪者であり、その実力の高さからダッチに気に入られている。

ゲーム中の活躍[]

※この項目は英語版Micah Bellのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ブラックウォーターでの強盗に失敗したあと、他のヴァンダリンのメンバーと共に雪山に逃げ込む。その後のバレンタインローズでも戦力としてギャング団に貢献する。

熟達した犯罪者であり殺し屋。野蛮で予測不能。悪事を働くことが生き甲斐。

その凶暴さと残酷さからアーサーも彼のことは腕は認めつつも内心毛嫌いしている。

しかし、それはあくまでもアーサー達にのみ見せる表の顔。

結婚している弟がおり、血の繋がった唯一の血縁として今も欠かさずに手紙を送るなど見かけ通りの冷血漢ではない。キャンプでのセリフを聞けば解かるが事に割りと面倒見は良い男ではあり、何かしら思う所があるのか特にジャックには彼なりの優しさが見れる。

彼の言う勝者とは『家族と共に普通の生活を手に入れた者』の事である。

その弟からは手紙で「子供が生まれたのでもう手紙を寄越さないで欲しい」ときっぱり絶縁宣言を突き付けられている。

ある意味、アーサーやジョン以上に普通の生活と家族いうものに強い憧れと執着を持っている男。その関係上、ジョンが子供を捨てた事に対しては遠回しに批難している。

彼のマイカ・ベルという名前すらも父親から継いだ名ではあるものの、弟は何故かその道を継がなかった。


二丁拳銃の名手でもあり、彼から逆手リボルバーを貰えばアーサーも二丁拳銃が使えるようになる。


終盤アーサーを殺害し、エピローグ後は自身のギャング団を結成し周辺で好き勝手に暴れていた。


居場所を掴んだジョン、セイディー、チャールズ三人の襲撃を受け、殺害された。

ギャラリー[]

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement