レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > ホセア・マシューズ

『もっと早く知恵を身につければよかった』 I wish I had acquired wisdom at less of a price.
―Hosea Matthews

ホセア・マシューズはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

ダッチとは20年来の親しい友人であり、ヴァンダリンで彼の右腕を務めてきた人物。

人物の概要[]

※この項目は英語版Hosea_Matthewsのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ホセア・マシューズは知的な芸術家にして、熟練した詐欺師。彼は頭の回転の早さを活かし、どのような危機的状況でも巧みな話術を駆使して切り抜けて来た。熟練の詐欺師、紳士、そして盗人。20年以上に渡りダッチの親友であり右腕を務める。知的で頭の回転が速く、どんな状況でも言葉巧みに場をコントロールできる。

アーサーにとっての真の意味での父親役でもある。

ギャング内の頭脳労働担当。その明晰な頭脳と判断力によって彼に多くのメンバーが窮地を救われた。アーサーのベッド脇にはかつて結婚詐欺師として名を馳せたイケメンだった頃の彼の姿も見れる。同じくダッチと若かりし頃のアーサーも写っている。

アーサーからの信頼も厚く、日記ではダッチ以上に信頼を寄せている様子。

ダッチギャングでは臨時の医師役も兼ねておりアーサーに薬草の調合法を叩き込む。

サンドニでの銀行強盗で陽動を行うも、作戦がジョサイアによりピンカートンに筒抜けだった為に捕らわれて人質にされる。

そしてそのまま時間切れとなり命乞いもすることなく射殺される。

ギャング団の中で唯一ダッチと対等であり、理想主義に狂った彼を止められたかも知れない。

しかし彼にも本当は解かっていたのだ。狂ったダッチを止める手段などすでに無い事が。

序盤にてジョン一家をキャンプにてギャングから逃がす計画をアビゲイルに話しているのが聞ける。終盤に置けるアビゲイルの行動はホゼアのもう1つの計画によるもの。。


彼はアーサーダッチが好むような暴力行為を得意としていないが、綿密な計画を立てることに長けている。その高い計画性と演技力でターゲットとした人物の武器を奪い、無力化してから強奪を行う手法を得意とする。

ホセアとダッチは1878年に知り合って以来の親友であり、ヴァンダリンのメンバーにはダッチの右腕として信頼されている。1899年に強盗に失敗し、ブラックウォーターから逃げ出した頃にはヴァンダリンの中でも高い地位と信頼を築いており、アーサー以外ではダッチに意見できる唯一のメンバーになっている。

しかし、逃亡生活を続ける中でダッチが暴君的に振る舞い、暴力的な手段を多様するようになると、暴力的な解決方法を嫌うホセアは今後の関係に関してを考えるようになる。

ゲーム中の活躍[]

※この項目は英語版Hosea_Matthewsのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ギャラリー[]

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement