Advertisement
RDR2 ビル・ウィリアムソン2.jpg
Home > 登場人物 > ビル・ウィリアムソン

『バカなことをしなければ、危害は加えない』 Don't try anything stupid and we won't do anything unkind.
―Bill Williamson


ビル・ウィリアムソンはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

不名誉な理由で追放処分された元軍人。短気な性格をしており、考えるよりも先に行動に移してしまう傾向がある。前作にも登場。不名誉除隊処分を受けた元軍人。短気で考える前に行動してしまうが、強くひたむきで、常に戦う覚悟ができている。簡単に言えば脳みそまで筋肉で出来ているような男でとにかく細かい作業に向かない。本名マリオン・ウィリアムソン。その名を恥じて今の名前を名乗っている。当人は自分がリーダーの器では無い事は重々理解している。

良く誤解されるが彼自身は決して嫌な男ではなく、むしろ忠義には命を賭けて応じる男である。元ネタはポパイのブルート辺りと言える。ただプライドがPTSDのせいで異常に高いだけである。ダッチが彼を引き込んだのは恐らく、父親と同じ軍属の人間だったから。

戦時下で今も酷いPTSDに苦しめられている。それさえ乗り越えていれば英雄扱いされたかも知れない。……ただしローズにおける退役軍人への扱いを見るにこうなる以外、道が無かったかも知れないが。

インディアンを侮辱した事によりジョサイアの逆鱗に触れてフォートマーサーに誘導される』(もっともその場ではダッチが殴って窘めはしたものの後の展開はジョサイアの罠に嵌められるがまま呪いの砦送りとなった)

ヴァンダリン壊滅後に、のちに自分のギャング団を立ち上げリーダーをダッチを守るただそれだけのために立ち上げた。彼がのちに拠点としたのは「占拠した者は必ず死ぬ呪いの砦フォートマーサー」そして彼もまた、その呪いから逃れる事は出来なかった。

人物の概要

ビル・ウィリアムソンの人物概要を追加してください。

ゲーム中の活躍

ビル・ウィリアムソンのゲーム中の活躍を記載してください。

ギャラリー

登場人物リンク

ヴァンダリンのメンバー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。