Fandom


Home > 登場人物 > ハビエル・エスクエラ

If we have to fight, we fight.
If we have to run, we'll run.
If we must die, we'll die, but... we'll stay free
―Javier Escuella


ハビエル・エスクエラはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

悪名高きメキシコの賞金稼ぎで、ダッチの理想に強く共感している情熱的な革命家。

人物の概要編集

ハビエル・エスクエラはメキシコ国のヌエボ・パライソが出身のアウトローで、母国では革命家として活動を行なっていた。

悪名高い賞金稼ぎであり、革命家であったハビエルは多くの勢力に狙われてしまい、母国を離れアメリカに逃れなければならなかった。彼は1895年にダッチと知り合い、彼の高い理想と自身の信念に親和性を感じ、ヴァンダリンのメンバーとなる。

ヴァンダリンに入団後はダッチの思想を現実のものとするため、忠実に命令に従っている。

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版Javier Escuellaのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

RDR2 ハビエル

ヴァンダリンがブラックウォーターでの強盗に失敗したあと、ハビエル・エスクエラは他のメンバーと共に西へと進み山越えを試みる。雪山では偵察の末に行方になっていたジョン・マーストンアーサー・モーガンと共に救出している。

雪山から、更に西へバレンタインからも逃げ出し、保安官や賞金稼ぎに狙われ続ける中で多くの仲間を失いながらも、最後までダッチの思想を強く信じ続けた。ヴァンダリンが解散したあとはメキシコへと渡っている。

その後のヒットマンとしての彼の人生やダッチとの確執に関しては初代レッド・デッド・リデンプションにて語られている。

トリビア編集

  • ハビエルは初代レッド・デッド・リデンプションにも登場しており、主要人物となっている。
  • ヴァンダリンが崩壊したあとは、メキシコに戻り、軍部の依頼を受けるヒットマンになっている。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。