レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > ダッチ・ファン・デル・リンデ

『向こうは全力だ。俺たちはヤツらにとって恐怖の象徴だ』 THEY'RE CHASING US HARD. BECAUSE WE REPRESENT EVERYTHING THAT THEY FEAR.
―Dutch Van Der Linde

ダッチ・ファン・デル・リンデ(ダッチ)はレッド・デッド・リデンプションシリーズを通しての登場人物。

卓越したカリスマ性と知識・経験によって西部のアウトローを集めたギャング団「ヴァンダリン」のリーダーを務める。

人物の概要[]

※この項目は英語版Dutch van der Lindeのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ダッチは西部開拓地で活動するギャング団「ヴァンダリン」を率いるリーダー。彼は何よりも自由を愛し、義賊のような生き方に誇りを持っている。アウトローに成り立ての頃はコルム・オドリスコルと良い関係を築いており、その頃にホゼア・マシューズと出会い、ヴァンダリン団を共に立ち上げている。前作にも登場。無法者やはみ出し者が集う一大ギャングを束ねる、野心に溢れ、無政府主義を掲げるリーダー。カリスマ性、知識、経験に富むものの、迫り来る現代世界の波で綻びが生じ始めている。

通称オランダのファンデルリンデ。去る者は追わず自分を信じる者のみ従えると言う姿勢は今も昔も変えてはいない。彼の父親は南北戦争で連合軍と戦い、ゲティスバーグで戦死しておりそれも彼が政府を嫌う一因となっている。

義賊を名乗り理知的で優秀な指導者然としたその姿から、前作での狂気の扇動者へと至る過程が今作にて描かれる。

コルム一味に全てを奪われ悲しむセイディーに毛布を与えたり、迫害されるインディアンに同情を示したり、『自分の死んだ気高い父親』を自分の中で必死に演じていた。

キャンプ中に『演劇教本を熟読しつつ演技の練習に励むダッチが見られる

ブラックウォーターのフェリーにて『ハイジ・マッコート』という無抵抗の少女をマイカに言われるがまま射殺。これがジョサイアを激怒させる元凶となり『粛清対象』に選ばれる。

アーサーに対しては「息子以上の存在だ」と全幅の信頼を寄せているものの…。

そのカリスマ性は本物に見えるが実際は『自分の死んだ気高い父親』を演じていたに過ぎない。彼の父性もそこから来るもの。凄腕のガンマン達を一時的とは言え心酔させ、大人しく従わせてたことからも窺えるが、演技に入り込めればカリスマとして振舞える。

ジョサイアの「魔術」の影響により「記憶操作」を受けた事が決定打となり、精神的に崩壊して行く。

しかし、迫るピンカートンの捜査の手、失敗を続けては転々として、いつまでもジリ貧から抜け出せない焦燥感。

そしてその度に失う大切な仲間たち。

理想だった彼の父親と実際の自分と言う現実、そのギャップに付いて行けず苦しみ、彼は変わっていった。傍で支えてくれたホゼアの死、時代に付いて行けず亡き父を演じる事でしかギャングを率いて行けないという、ある意味そんなやり方しか出来ないが故に狂ってしまった。或いはジョンの言うように「最初からそんな男」だったのかもしれないが。

終盤、マイカとアーサーの決闘に現れ、二人の戦いを止めるも、アーサーの訴えでマイカが裏切り者であると誤解した彼は自身が切り捨ててなお自身の身を案じるアーサーを見て、

完全に自分を見失い、一人その場を呆然としながら去っていく。

エピローグにおいて最後に登場し、ジョンを撃とうとするが、ジョンの説得を受けたあと、逆にマイカを撃ち、因縁に決着を付ける。ジョンとは言葉もなくそのまま別れた。

ギャング解体後に『何か』を察した彼は、『よりにもよって残ったインディアン部族の生き残りを率いて砦に立て篭もってしまう。これによりダッチの粛清がジョサイアの決定事項となる

1899年にブラックウォーターでフェリーでの強盗を失敗してしまい、ブラックウォーターから逃げ出すことになる。逃亡生活を続けながらも、自らが掲げる「自由」と「独立」をヴァンダリンのメンバーと実現しようとするが…。

ゲーム中の活躍[]

※この項目は英語版Dutch van der Lindeのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。 ダッチ・ファン・デル・リンデのゲーム中の活躍を記載してください。

トリビア[]

  • ダッチが政府を嫌う理由の1つに自分の父親が南北戦争で連合軍と戦い、ゲティスバーグで戦死したという設定がある。

ギャラリー[]

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement