レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > スワンソ牧師

I had real suffering and I lost everything. My Vocation, my faith, my family.
―Reverend Swanson


スワンソ牧師レッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

もともとは規則正しい聖職者であったが、酒や享楽におぼれて、自身に課した規則とはほど遠い生活を送っている。

この酒飲みの役たたずがヴァンダリンを蹴り出されないのは、ダッチの命を救った過去によるところが大きい。

終盤、とあるシスター(おそらくサンドニのシスター・メアリー)とジョサイアの計画により出会ったことでそれまでの駄目だった自分と決別。酒と薬を絶ち、見違えたように立派になる。

当然だがこれは偶然そうなったのではなくこれも全てジョサイアの計画のうちである。考えて見て欲しい。まず彼のミッションで最初に見付けたのが誰だったかという事を。何もかも計画ずくの事だったのだ。


評判によっては去ろうとする彼と会える。

エピローグ後は全てはジョサイアの計画と目論見通りに、ニューヨークにて素晴らしい牧師であると賞賛されている。

人物の概要[]

ダッチギャングの中でジョサイアの制裁を受けなかったのはひとえに仮にも彼が「神に仕える聖職者」だったから。

ゲーム中の活躍[]

ダッチギャングの中で神父としている事で知らずのうちにメンバーの精神的バランスを取っていたと考えられる。彼がいたからこそ人としての最低限の尊厳は捨てずに済んだのだから。

ギャラリー[]

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement