レッドデッドリデンプション2(RDR2)攻略 Wiki
Advertisement
Home > 登場人物 > ジョサイア・トレローニー

How can romance ever be silly? It's all we have.
―Josiah Trelawny(Josiah Blackwater)


『恋愛が退屈だって?『人間』にはそれしかないのに』

あんた達は後に物語になるだろうな、もちろん死んだあとで』

死は誰にでも訪れる。狼にでさえもな…』

俺がお前を見つけたんだ……ここまでお前を導いたのはこの俺だ、それを決して忘れるな

まだ戦争を続けているつもりのバカどもの駅馬車だ……奪ってすっからかんにしてやれ!

ちょっとブレイスウェイトの所へ行って馬を盗んで来てくれ…縛り首にはなるかも知れんが…なに心配は要らない。刑事司法制度は野蛮人のための制度だ。ど うなろうがあの女は自業自得だ

『あいつらは事もあろうに、この俺をマヌケ呼ばわりしやがった!この俺をだ!ちょっと行ってきて物資を破壊して来るんだ!』

……どうせみんなワニに食われて血まみれになってしまうのに救う事になんの意味がある…軽い冗談だ、お前がみんなを救ってやれ

私はお前に幸せか、2世代かの選択をしてもらった
ジョサイア・トレローニーレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

本作における真の黒幕であり本当の裏切り者。『RedDeadRedemption(赤き死の償い)』とは彼がギャング達へ償わせる物語でもある。 その姿のモデルはマルセイユ版タロットの大アルカナ1番目の「胡散臭い奇術師」そのもの。 彼もまたそれに準じた姿を取っている。 オンラインでは主人公に対して電報で「お前の友人J」を名乗っている。

またオンラインでは看護学校の卒業生である女性を攫って賞金首にしたアウルフート一家に対しては彼の真の目的に沿って、

アルマジロ一帯をコレラで感染させたようだ。実の所、人間であるかどうかさえも疑わしい存在。

ただ命を奪う非情な性格ではなく、誘拐された何の罪もない看護学校の女性とその従兄弟にはプレーヤーを

通して運命自体を書き換えるという荒業で救済をも与えると言う慈悲深い一面もある。

前作で謎の男としてジョンに告げた所によれば

「ある意味、経理の仕事をして、つじつまをを合わせている」

「メキシコでも縁があったし、西部でも会った。全ての場所で縁があったと言える」

「地獄に落ちろ!」と言い放ったジョンに対して「皆そう言うよ」と言って去って行った。

派手な手品師を装ったペテン師であり詐欺師でもあるアウトロー。落ち着きがない男だが、有能で良い話をもたらしてくれる……と魔術による記憶操作によって、そう見せ掛けていた。本名ジョサイア・ブラックウォーター、ブラックウォーターの町の創設者にして避難民キャラバン団長、そして本当の裏切り者。全ての黒幕でもある。世の中にそこまで上手い話は存在しないのだ。

登場人物リンク[]

ヴァンダリンのメンバー
Advertisement